給排水管更生工事
給水管更生工事の必要性
日常生活を営むうえで最も大切な水。
水を送る給水管は10年以上を経過すると配管内に錆(サビ)が発生し、大きな錆コブを形成します。錆コブによって水圧が低下し、水量不足やガス湯沸器の着火不良を起こしたり、赤水が発生したりします。更に劣化が進むと、漏水を引き起こすようになります。
配管内の錆によって閉塞した給水管
 
このような劣化した給水管を掘り出して取り替える「給水管更新工事」は、工事期間が長くなり工事費用がかかる大変な作業となります。
給水管更生工事」は、給水管の劣化状態などを詳しく調査して、内部の錆や腐食を研磨して特殊な塗料を流し込み、給水管の内壁に膜を作ります。
特許工法である【ダブルライニング工法】は、これらの問題を低コストで解決するために開発されました。
大きな錆コブができてしまうと、着火不良や赤水、漏水によって、居室などへの被害や健康を害するようなトラブルが起こるケースがあります。
   
給水・排水設備は身体と同じ
 
ビル・マンションの給排水設備は身体の内臓と同じです。血管が給水設備で、胃腸が排水設備にあたります。優れた診断と治療技術、確実な施工、そして適切な維持管理があれば、建物と設備の寿命が延びることになり、省資源・省エネにも貢献することになります。
錆を止めるだけではなく、錆を作らないことがポイント。
錆をすべて綺麗にして、さらに錆の再発防止をおこなうのが【ダブルライニング工法】です。

給水管更生工事、排水管更生工事、配管調査、ダブルライニング工法など、お気軽にお問い合わせください。電話03-3208-0446(営業時間:9時〜17時)
、